So-net無料ブログ作成
検索選択
羊水検査 ブログトップ

羊水検査・その3~番外編・病室~ [羊水検査]

前記事にも書いたとおり、この病院の羊水検査で使うのは個室で
どのクラスの個室になるかは、当日の空き状況によります。

今回あたった部屋は、病院内で一番いい特別室でした[揺れるハート]
お値段は少々気に掛かるところでしたけど、
出産の時には、さすがにこの特別室に何泊もする余裕はないし、
今回の羊水検査の日帰り入院で、特別室体験ができてラッキー[るんるん]

ここの病院、著名人や芸能人も多いらしく、
担当してくれた看護師さんに、
「そういう人達って、やっぱりこのお部屋ですかねぇ?」
って訊いてみたら
「そうですね、ほとんどの方がこちらのお部屋を利用されてますよ♪」
って[exclamation]
さすがに、今まで誰が来たかは聞けませんでしたけど
テンション上がりまくりです[グッド(上向き矢印)]

続きを読む


羊水検査・その2~詳細&値段~ [羊水検査]

では、羊水検査の当日の詳細と値段のお話を[ひらめき]

ここの病院では、羊水検査は日帰り入院扱いとなるので、
事前に渡された入院申込書や、身元引き受け書、検査同意書などの
提出が必要です。
身元引き受け書には、成人2名の記名捺印が必要で
夫と親などでよいそうです。
私は、あざらしと実家の母親にしました。
ちなみに、本人の了承を得ていれば、記名は私が書いて、印鑑だけ別の物を捺せば
大丈夫ってことだったので、わざわざ実家に行かずに済みました☆

【当日の持ち物】
・入院申込書、身元引き受け書
・検査同意書
・母子手帳
・診察券
・保険証
・印鑑
・着替え(上下分かれているもの)
スリッパ
・食事・・・(病院食は出ないので、持参するか院内売店で調達)

続いて、羊水検査の流れを[ひらめき]

続きを読む


羊水検査・その1~羊水検査を受けた経緯~ [羊水検査]

ちょいと留守にしておりました~
書きかけで放置していた記事に手を入れて
手抜きUP致しまする~

-------------------------------

羊水検査を受けました☆
って、この記事UPの時点で、すでに2ヶ月以上前の話なんですが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]
長~くなるので、ぼちぼち書いてたらこんなに月日が経ってしまいました。

記事が前後してしまいますが、16w4dに羊水検査を受けましたのねん[病院]
さかのぼって、その経緯と詳細をいくつかの記事に分けて記録。

羊水検査とは、簡単に言えば、妊婦のお腹に針を刺して
羊水を少し抜き取り、羊水に溶け出した胎児の細胞を分析することにより
胎児に染色体異常がないか確かめる検査です。

羊水検査に適した週数は、胎児の成長具合と、
もしなんらかの異常が見つかった場合に中絶する可能性を考慮すると、
妊娠16~18週くらいがベストとのこと。

羊水検査でわかることは、胎児が下記の障害を持っていないかどうか。
・21トリソミー(ダウン症候群)
・18トリソミー(心奇形、知的障害、腎奇形等)
・13トリソミー(口唇裂、小眼球症、多指症等)
・Xモノソミー(ターナー症候群)
・重複X女性
・クラインフェルター症候群
・YY症候群
(詳しくはこちらのサイトへ)

羊水検査のリスクは、病院でもらった資料によると、
穿刺(お腹に針を刺すこと)による破水、出血、子宮内感染、
母体の障害(血管や腸管など)、流産や胎児死亡、早産など、とのこと。
最終的に流産や胎児死亡に終わる確率は、0.3~0.5%だとか。
これは、35歳の妊婦から出生する染色体異常児の割合とほぼ一緒らしいので
どちらのリスクを取るか・・・ってかんじになりますね。


続きを読む


羊水検査 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。